ウォーターサーバーはブランドを複数比較して決めよう

美味しい水を自宅で気軽に飲めるようになるウォーターサーバーは、都市圏に住む世帯や子どもを持つ家庭に人気です。


ウォーターサーバーの販売業者は国内に多数存在しており、料金プランやサービス内容は各社間で大きく異なっています。知名度や安さだけで選ぶと失敗することがあるので、口コミなどを参考にしながら複数の会社を比較しましょう。

最初に比較すべきは容器の重さです。


水が入った容器は重さがあるので、重すぎる容器だと持ち運びや設置作業が大変になります。

最近では力の弱い人でも設置・交換が簡単なタイプが販売されているので、女性やお年寄りがいる世帯は機能性を重視して選んだ方がいいでしょう。

子どもがいる世帯で重要になるのがチャイルドロックの有無です。

最新のYahoo!知恵袋について詳しく書かれています。

小さい子どもがいる家庭は子どもが火傷することがないように、チャイルドロック付きの製品を選ぶようにしてください。



月々にかかる電気代も比較しておきましょう。

ウォーターサーバーの稼働には電気が必要で、常に電源を入れておく必要があります。


平均すると月々500円~1000円程度の電気代がかかるといわれています。

候補をいくつか絞った後で、各社の製品が消費する電気代を確認しましょう。



見た目の良さも確認しておきたいポイントです。

ウォーターサーバーは中型冷蔵庫とほぼ同じ大きさなので、自宅に置くとかなり目立ちます。自宅のインテリアにこだわりがある人は、製品の大きさやデザインに注目して選ぶようにしましょう。