赤ちゃんに適したウォーターサーバー

ウォーターサーバーにはいくつかの種類がありますが、赤ちゃんに適したのはRO水を使うものです。

RO水は逆浸透膜と呼ばれるフィルターを使って作られます。



逆浸透膜は非常に目の細かいフィルターなので、病原菌やウィルスなどを完全に取り除くことができます。

赤ちゃんに有害な物質が含まれていないので、安心して使えます。


ウォーターサーバーの中には天然水を使うものもあります。

天然水を使ったウォーターサーバーの安全性も高いのですが、万が一のことを考えたら、RO水の方に軍配が上がります。

大人にくらべて赤ちゃんの体はデリケートなので、不純物を逆浸透膜で取り除いた水の方が安心できます。

RO水は安全性だけではなく、価格が安いと言うメリットもあります。RO水はペットボトル1本分に換算すると、40円程度のものもあるのですが、天然水は70円台のものが多いです。


ウォーターサーバーの中には、天然水に逆浸透膜を使うものもあります。
このタイプだったら、赤ちゃんに飲ませても安心です。

Yahoo!知恵袋に対して関心度が高まっています。

もともときれいな天然水を、さらに逆浸透膜で浄化されるのでその水の安全性は非常に高くなっています。


このタイプは水の硬度が低いので、まろやかな味がします。



また料理に使うのにも適しています。

また硬度が低い水なら、赤ちゃんが飲んでも下痢をしません。

純粋を使うウォーターサーバーも安心です。

純水なので、文字通り不純物の入っていない水です。


純水の中にいくつかミネラルを加えたものもあります。